CONCEPT

伝統の美を日常へ、クリームのように溶かしたアイテム…
ケーキをイメージした配色の生地で暮らしをデコレート。

ケーキを囲む大切なひとときのような時間をケイクスのアイテムを見たり
プレゼントして共有してもらいたい。

「ケイクスはこんなアイテム作ったらもっといいかな?」
「私もものづくりに参加できたら」
そんな貴方もアンバサダーとしてTeam k-csに参加できるブランド。
西陣織 織元を中心に集まったTeam k-csが創り出す、西陣織にルーツを持つアイテムたち。

「伝統を日常に溶かす」をテーマにした、ライフスタイルをそっと上質にするブランドです。

 

Pain_background

 

550年以上続いている伝統産業「西陣織」は、従来の和装業界の衰退を受け、帯の値段は下がっています。
それによる職人の出来高に左右される賃金の低下が発生し、職人の高齢化と後継者不足が問題になっています。
様々な分業で成り立つ西陣織は、工程が一つでも無くなると織れなくなるリスクをはらんでいます。

ケイクス代表でありプロダクトマネージャーのサカイタカヒロは、家業でもある西陣織がなくなってしまうこと。
この光によって変わる様々な表情を持ち合わせ、見ているだけで豊かにしてくれる生地がなくなることは嫌なのです。

西陣織がなくなってしまうことは、日本においても大きな損失だと感じています。
ケイクスは、自社で開発した1mを超える幅を持つ洗える西陣織を活かして馴染む配色を施しました。

その生地をライフスタイルアイテムとして皆様に届けることで、その利益を職人に還元します。
それこそが、今後も西陣織が在り続け、無理なく文化を続ける活動だと信じています。

ぜひこの活動を身近な距離で体感してください。
ケイクスにはそんな仕掛けもたくさんあります。

ケイクスは自分たちの活動を通して
利益を各工程の職人に還元し、今後も継続した西陣織生地製造を目指しています。
それを目指した「piece of k-cs project」を始動し
職人不足、後継者不足が原因で産業がなくなる社会問題解決に貢献したいと思います。

ぜひ一緒に楽しんでください。

Team k-cs 一同 / サカイタカヒロ
 

k-cs 3つのポイント

1.日本由来のアイテムたちを作り、使ってもらうだけで社会問題解決に繋がるシステム作り

統計によると、64%の家庭はインテリアに不満を持っています。

みんな「見た目がすっきりしたものがいい」
「シンプルで飽きがこないアイテムがいい」
「テイストに統一感がある」と思っています。

ケイクスは日本を代表する西陣織をメインに、色の統一感のある
世界観を目指しています。
北欧インテリアも可愛いけど、Made in Japanのアイテムも愛でていけたら。
よろしければ、インテリアの相談にも乗ります。

2.ケーキの種類をモチーフにした、馴染みながらも生活の質と気持ちをあげるアイテム



 

ケーキのふんわりした色合いをイメージしたカラーリングは、
高級家具には西陣織の高級感で、より映えるように共存ができます。
リーズナブルな家具が揃う部屋でも、西陣織の生地の存在感で高見えさせること間違いなし。

 

3.こんなアイテムが欲しい、ケイクスに参加したい!みなさんの声と生きるブランド

非公開のアンバサダーコミュニティで、アンバサダーの意見からもアイテムが生まれます。
もちろん、Twitter や Instagram の意見も参考にします。
みんな参加型で、まさにケーキを作るように広がってたり、作っていくブランド。
それがk-csです。

k-cs (ケイクス) ネーミング

ロゴマーク

「伝統を日常に溶け込ませる」=Trad Melt(トラッドメルト)

もともと和の世界の西陣織を、
現代の生活に溶けこませ、馴染ませたい。
西陣織の織やデザインでしか表現できないテクスチャ感、
金銀糸の色合いなど優れた西陣織のレガシーを、
現代のライフスタイルにさりげなく溶けこませる。
この想いをケーキのホイップクリームに見立て、
ブランドアイデンティティをロゴで表現しました。